医療事務の資格を取ったあとの求人・派遣募集情報 無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」配布中


医療事務のいいところ

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜HOME≫医療事務のいいところ

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜

医療事務のいいところ

現役医療事務従事者が、医療事務のいいところをご紹介します。
医療事務は 勤務スタイルが選びやすい
医療事務は、正社員・派遣社員・パートなど
自分のライフスタイルに合った勤務体制を選びやすい仕事です。

女性はライフスタイルが、結婚、出産、育児などによって、変わりやすいですよね。
「独身時代に正社員、結婚して退職。その後子育てしながらパート勤務。」
なんてことも可能なのです。
私自身、本当に医療事務を勉強して良かったと思っているのが、そこです。
出産、育児休暇もバッチリ取らせてもらいました。

今現在は、子どもが手がかかるので土曜日(午前中)のみの勤務。
レセプト作業は、自宅でできる作業のみ。

本当に、医療事務でよかった・・・
そしていい勤務先、先生、スタッフのみんなに出会えて感謝!
医療事務は 社会復帰の強い味方
医療事務の資格があれば(資格がなくても経験さえあれば)、主婦になってからも柔軟に仕事がしやすいです。
医療事務は、再就職・転職時に有利な資格といえます。
医療事務は 採用時に年齢が問われにくい
医療事務の仕事は、採用時の基準年齢が割と高いことが多いです。
基準年齢を、設けていない場合もあります。
医療事務は多くの医療機関に不可欠な仕事なので、40代・50代から就業される方も、少なくありません。
勤務先でも、先日採用されたのは「40歳」の方でした。
それも「医療事務未経験者」・・・
ニチイ学館での受講は終了されていましたが、実務での経験は一切されたことはない方です。

ナゼそのような「医療事務未経験」「高年齢」の方を採用したか??

「他に応募がなかった」

そんなことはありません。
他に5名ほど面接させていただきました。

採用の決め手は・・・また後ほど
医療事務は 就職・転職に有利な資格
医療事務の技術と知識は、独学で勉強しようと思ったらかなりの根性が必要です。
やはり、医療事務のスキルを身に付けた方の方が、採用する病院側にも安心感があります。
採用時の判断基準となる資格を取ることは、就職・転職に有利です。
医療事務は 全国各地、どこでも通用します
医療事務の資格や技術は、全国の医療機関で共通のものです。

「夫が転勤族で、同じ職場で長く働けない」など・・・
医療事務の資格は、引っ越す機会が多い方にはうってつけの資格といえます。
自分や家族が受診してお世話になったことのあるクリニックに、医療事務として就職・・・なんてこともあります。
医療の基礎知識が習得できます
当たり前のことですが、医療事務の勉強をすると、自分自身や家族の医療費の計算が、できるようになります。

私も以前、他の病院で治療を受けた際に明細書を見て間違いに気付き、医療費の払いすぎを防いだ経験があります。医療事務は、日常生活でも役立つ資格です。

また自然と「医学の知識」が身に付きます。
というより、勉強しないとやっていけません・・・。

「こんな症状がでたらこの病気を疑え!!」
みたいな知識が、イヤでも増えます。
医療事務は やりがいがあります
なんといっても、医療事務には「やりがい」があります!

専門職なので、経験とスキルが積めますし、頑張れば高い評価を受けやすい仕事です。
例えば、医師や看護師から「こんな手技を、したんだけど・・」などの質問に、「その場合は、○○が取れますよ」など・・・。
医師や看護師から、頼りにされていると思える時が結構あります。
身に付けた専門知識をいかして社会に貢献できる実感、働く喜びを感じて毎日イキイキと過ごせます!
  
無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」を配布しています!
医療事務の面接
 詳しくはこちらのページをご覧ください!
看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】
医療事務 資格    医療事務 資格
  
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2007- [医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜] All rights reserved
為替変動要因